【驚愕】人が「死ぬ直前」に撮影された衝撃写真50選

289 views
1: ファニーちゃん
13

死に際に撮られた写真
人が死ぬ時、それは唐突に訪れる場合があります。

寿命を全うし、皆から見守られ天国へ行く人もいれば、
病気により天国へ行く人、事故により天国へ行く人。

沢山います。

そんな中、突然命を落としてしまう場合があります。

今回はそんな突然起きた悲劇でもある「死」の直前、ほんの数時間、数分前に撮影された画像とエピソードをご紹介させていただきます。

被写体はなぜか無事


写真が撮影された直後に、右側の赤い車が爆発。

撮影者を含む29名が死亡。

ただし、メインの被写体の男性と子供は無事だった。


シャワールームで殺害される

彼女とじゃれ合いながら撮った写真に映るカメラ目線の男性。

まったくそのような気配がないのに殺害されます。





映ってるTravis AlexanderがJodi Ariasに殺される直前の写真。

殺す前に犯人の女は彼と一緒にシャワーを浴びながら、

写真を撮りながらじゃれ合ってた。

で、最後に↑の写真を撮影した直後に殺害。


左の人物に注目


フィリピンの政治家が、自分の家族を撮影。

左にこちらに銃を向けている男が映ってるよね。

政治家は、この瞬間に銃殺された。


ジョン・レノン


ジョン・レノンから、

色紙にサインをしてもらっているマーク・チャップマン。

この数時間後にジョンを銃殺する。


落雷の瞬間

雷に打たれる前の二人の少年。

その姿は誰が見ても鳥肌が立ちます。





1975年、セコイア国立公園。

落雷に遭う瞬間の二人。


遊園地の悲劇


地元の遊園地で遊具が崩壊した事故の直前の写真。

この4名の少年少女は亡くなった。


とらえてしまった


2013年、偶然映り込んでしまった飛び降り自殺者。


矛盾した写真

銃を突き付けられている男性。

しかし彼の表情はその状況とは矛盾しているように見えました。



これが死に際の表情?!



火山の噴火


1980年に大噴火したセント・ヘレンズ山の火山灰が、

撮影者に迫って来る瞬間。

撮影者は死亡。


なぜ撮影できた?


ホテルで飛び降り自殺の瞬間。


撮影者は犯人

拷問されていた少女の写真。

撮影者を想像して見てみてください。



当時14歳のRegina Kay Waltersが、

シリアルキラーのRobert Ben Rhoadesに拷問・殺害された。

加害者の18輪トラックの荷台には拷問用の部屋が備えられてあった。

この写真はイリノイ州の小屋で撮影。

この後にReginaは殺された。


救助することができなかった


土石流により破壊された自宅のガレキなどに、

足を挟まれた13歳のオマイラちゃんは、

足を切断するしか救出の手立てがなかったものの機材が無く断念。

また増える水を排出するためのポンプの手配も出来ず、

最期まで学校のことを気にしながら3日後に写真の状態で亡くなった。


幸せから不幸へ

テロによって楽しい時間を奪われた4人の青年。





レバノンのベイルートで起きた車による爆発テロ。

上がその数分前で、仲間達が仲良く記念撮影。

で、下が爆発の直後。

爆発したのは、上の写真の奥に映っている金色の車。


スキューバ―ダイビング中に妻を殺害


2003年10月、
グレートバリアリーフでスキューバ・ダイビング中に、

新婚のティナ・ワトソンさんが溺死した。

この写真撮影後に妻を殺害。

ちなみにこちらが新婚夫婦の写真。




この笑顔の数分後には・・・

婚約祝いのパーティーに向かう途中の車内。

しかし彼女らが向かった先は地獄だった。





コレット・M・モレノ(写真左)

2014年6月20日撮影。

モレノは来月に結婚することが決まっており、

アシュリー・セオボルド(写真右)の運転で、

モレノの婚約を祝うバチェロレッテ・パーティに向かう途中だった。

この写真が撮られた8分後、追い抜き時に対向車と正面衝突し死亡。


超有名な事件


ジョン・F・ケネディ 。

1963年11月22日撮影。

妻のジャクリーン・ケネディと、

テキサス州ダラス市内をパレードしている途中だった。

この写真が撮られた直後、

12時30分に背中上部と頭部に銃撃を受け死亡。


飛行機事故

仲間と楽しそうにしている様子を撮影したもの。

しかしこの楽しい時間は離陸からすぐに消え去ります。





ジェニー・リベラ(写真右)

2012年12月9日撮影。

メキシコのポップ歌手。

テレビ番組出演のため、チャーターした飛行機で移動する直前に撮影。

離陸から7分後、突然飛行機が急降下を始め、レーダーから消える。

翌日、墜落した機体が発見された。乗っていた7名は全員死亡。


ちなみにこちらが墜落現場の写真。




ダイアナ妃


ダイアナ妃(左奥)

1997年8月31日撮影。

ダイアナ妃はエジプト人のドディ・アルファイド(右奥)と交際中で、

8月30日の夜はアルファイドのアパートで過ごす予定だったが、

マスコミの追跡から逃れるため、

運転手のアンリ・ポール(右手前)は猛スピードを出し振り切ろうとした。

車はトンネルの中央分離帯に激突し、

助手席にいたボディーガードのトレバー・リース・ジョーンズ(左手前)が重傷を負い、

3人は死亡した。

ちなみにこちらが事故現場の写真です。




銃弾が頭部を貫通

銃が暴発し〇〇に命中する直前の写真がこちら。



オスカー・オステロ・アギラ

2014年8月2日または3日撮影。

この写真を撮影した後に、

Facebookにアップするため銃と一緒に写った写真を撮ろうとしたところ、

銃が暴発し弾丸が頭部に命中。

その場で死亡が確認された。


ワイスピの主人公です


ポール・ウォーカー

2013年11月30日撮影。

アメリカの俳優。

『ワイルド・スピード』シリーズのブライアン・オコナー役など。

チャリティーイベント出席後、

友人のロジャー・ロダスが運転するポルシェ・カレラGTに乗り込むところを撮影。

午後3時30分、カリフォルニア州サンタクラリタで衝突事故を起こし車は炎上。

2人は現場で死亡が確認された。

現場の制限速度は45マイル(72km/h)であったが、

事故時の車は100マイル(160km/h)ほどのスピードが出ていた。



観光スポットが一変

ナイアガラに飛び込む直前の女性が映り込んでいます。



ちなみに彼女は日本人です。


9.11の犠牲者


ジョセフ・ケリー(写真右)

2001年9月10日撮影。

2人の息子と共にヤンキースタジアムで、

対レッドソックス戦を観戦した際の写真(試合は雨天中止)。

翌日、世界貿易センタービル北棟105階で同時多発テロに遭い死亡した。


事前に確認したのだろうか


ウィリアム・D・ベッカー(左奥)

1943年8月1日に撮影。

セントルイス市長であった彼は、

CG-4グライダーの公開デモ飛行に地元有力者7人と共に招待されて搭乗した。

飛行途中に翼が崩壊し、乗っていた10名全員が死亡した。


レース本番前にして・・・

世界の映画史に名を残す伝説のヒーロー

本来トレーラーで運ぶはずだった車を運転。

しかしその選択が間違いでした。



ジェームス・ディーン

1955年9月30日撮影。

ポルシェ550に給油をしているところを撮影したもの。

撮影者は同乗していたロルフ・ウッタリック。

この車はレースのために納車された新車で、

本来はトレーラーで運ぶ予定だったが、

慣らし運転も兼ねて本人がレース場まで運転することになった。

カリフォルニア州コレーム近郊で横からはみ出してきた車と衝突。

ほぼ即死であった。

ちなみにこちらが事故現場の写真。



ひどい有様です。


不注意運転はいけません


コートニー・サンフォード

2014年4月26日撮影。

ファレル・ウィリアムスの曲「Happy」に言及して、

「この曲を聞くとハッピーになる」

という文を添えた自撮り画像を運転を行いながらFacebookに投稿。

投稿から数十秒後、

車は10tトラックに約70km/hの速さで衝突し道路脇の木に激突。

サンフォードは即死した。

こちらが事故現場の写真。




まさか護送車で・・・

容疑者を護送中に警官が首を刺され死亡。

その直前の映像がテレビカメラに収められていました。



スティーブン・グリーン(写真左)

2012年2月3日撮影。

容疑者のローレンス・ウォレス(写真右)を移送する前に、

テレビカメラによって録画された。

移送中にウォレスに首を刺され死亡。

ウォレスも警察官の銃撃を受け死亡した。


バイク事故


ハディエル(本名:ラモン・アルベルト・ゴンザレス・アダムス)

2014年5月10日撮影。

プエルトリコの歌手。

ヘルメットを被った姿を自撮りしインスタグラムにアップしていた。

同日、ニューヨーク州ロチェスターでバイク運転中に事故死。

こちらがその時の事故現場です。




楽しい家族旅行のはずが

旅行先へ飛行機で移動中に撃墜。

その直前に息子がSNSに挙げた写真です。





キム・ハリー(1枚目奥)とミーガン・ハリー(1枚目手前)

ペトラ・スロック(2枚目左)とゲイリー・スロック(2枚目右)

共に2014年7月17日撮影。

4人はマレーシア航空17便でアムステルダムからクアラルンプールへと向かっていた。

2枚とも離陸前に撮影されたもので、

1枚目はキムの夫のデイブ・ハリーが撮影、

2枚目は息子のゲイリーが撮影しFacebookにアップしたものである。

撮影から3時間後、飛行機はウクライナ上空で地対空ミサイルによって撃墜され、

乗員・乗客全員が死亡した。


代表選手を一気に失ったアメリカ


マリベル・ビンソン他、

フィギュアスケートアメリカ代表チームの選手と関係者など33名

1961年2月15日撮影。

1961年世界フィギュアスケート選手権に出場予定で、

ブリュッセルに向かうサベナ航空548便に搭乗した際に撮影。

ブリュッセル国際空港上空で着陸待機中に、

飛行機の水平安定板が不具合を起こしバランスが崩れ墜落。

乗っていた72名と地上の農夫1名が死亡した。


楽しいひと時もあっという間

パーティーに参加していた「The Notorious B.I.G.」

キメ顔で写真を撮るものちに射殺される。



【The Notorious B.I.G.】

ロサンゼルスでヒップホップ雑誌『VIBE』主催の、

「Soul Train Music Award」パーティーの帰途に銃撃を受け、

1997年3月9日に死亡。


初めて起きたエボラ流行時の写真


当時はまだエボラ出血熱の恐ろしさを分かっていなかった。

写真に写った2人の女性看護士は、

この数日後、エボラに感染した。


銃殺処刑現場


1944年、ソビエト連邦のゲリラ軍が、

ドイツ国境で裏切り者を銃殺処刑する写真。


ジョニー・キャッシュ

彼はこの公演を最後に亡くなりました。



20世紀に多くのミュージシャンに影響を与えたとされている、

アメリカのミュージシャン、ジョニー・キャッシュの最後のパフォーマンスを撮影した写真。

彼は、妻が亡くなってから4ヶ月に満たない2003年9月12日午前2時頃、

糖尿病による合併症で亡くなった。

人々は、ジューンの死去による傷心が原因で病状が悪化したのではないかと語っている。


勇敢な教師


ウィリアム・デイヴ・サンダーズはコロンバイン高校の教師だった。

彼はコロンバイン高校銃乱射事件の際、

いち早くカフェテリアへと行き、

生徒たちに逃げるように伝えた。

彼の行動が百人近い生徒の命を救ったのだ。


娘との最後の写真

70年代を代表したとあるバンドのボーカル。

彼が最後に撮った娘との写真にはどこか寂し気な表情が伝わってくる。



70年代を代表するバンド「ジョイ・ディヴィジョン」のボーカルで、

歌手のイアン・カーティスが1980年、

自殺する5日前に、娘と一緒に写真を撮っている所。


ナイトクラブの火災


2003年2月20日、

ロードアイランド州の「ザ・ステーション・ナイトクラブ」で撮られた写真。

ハードロックバンド ”グレイト・ホワイト ”が公演中、

ステージで使用した花火が、壁や天井に引火。

引火直後、観客達はそれも演出だろうとその場を動かずにいた結果、

店内にいた462名のうち、

無傷で脱出出来たのは132名、負傷者、は230名、死者は100名にものぼった。


命と引き換えに撮った写真

とあるハイカーが野生の熊の写真を撮影。

しかしその行為が仇となるとは彼も予測できなかっただろう。



ニュージャージー州の、とあるハイカーが撮ったクマの写真。

この直後、ハイカーはこのクマに襲われて亡くなった。


エベレスト登山


1924年、イギリスの登山家、ジョージ・マロリーとサンディー・アーバインが、

エベレストのベースキャンプで支度を進める写真。

1924年6月の第3次遠征において、

マロリーはパートナーのアンドルー・アーヴィンと共に頂上を目指したが、

北東稜の上部、頂上付近で行方不明となった。

マロリーの最期は死後75年にわたって謎に包まれていたが、

1999年5月1日に国際探索隊によって遺体が発見された。

マロリーが世界初の登頂を果たしたか否かは、未だに論議を呼んでいる。


彼の最後の写真

俳優のロビン・ウィリアムズがファンと撮った最後の写真。




パトリック・スウェイジの最後の写真


俳優・ダンサーのパトリック・スウェイジがガンで亡くなる前に撮られた最後の写真。

2008年1月に4期膵臓ガンを診断されたことを告白、

約20ヶ月の闘病生活の末、2009年9月14日に膵臓ガンで亡くなった。

ガン宣告されてからも、テレビドラマ『ザ・ビースト』に出演するなど仕事を続けた。

2008年9月にはガン撲滅運動「スタンドアップ・トゥ・キャンサー」に参加していた。

享年57歳でした。


慈善運動中に不慮の事故

不慮の事故でナイアガラの滝に突っ込む男性の写真。

ロバート・オバラッカーという男性が、

ジェットスキーで「ホームレスへの関心を高めよう」 という目的で行ったパフォーマンスの瞬間を撮った写真。

ナイアガラの滝からジェットスキーでジャンプするという物だったが、

彼のパラシュートが故障しており、

彼はそのままナイアガラの滝壺へと落ちていき、亡くなった。


ジム・モリソンの最後の写真


バンド「ドアーズ」のジム・モリソンが1971年に亡くなる前に撮られた最後の写真。

1971年7月3日、モリソンはパリのアパートにあるバスタブの中で死体として発見された。

第一発見者は当時交際していたパメラ・カーソン。

事件性がないと考えたパリの警察は検死を行わず、死因は心臓発作と発表した。

しかし、パメラの証言から薬物の過剰摂取が死の原因ではないかとも考えられている。

また、アメリカ政府による暗殺の可能性も一部でささやかれた。


誘拐された男女

とある女性が偶然拾った一枚の写真。

そこには行方不明のままとなっている男女が写っていました。



1989年、スーパーの駐車場で客の女性が拾った写真。

誘拐されて、そのまま見つからなかった男女が写ってる。


オウム真理教村井が刺される直前


オウム真理教の村井秀夫が雄込があ200名以上集まる中、

右翼団体構成員に胸を刺されて死亡した。

その瞬間である。


テロリストメンバーの最期

身長180㎝以上もあった男性の餓死寸前の写真が閲覧注意です。


降りる際に電線で感電死



この後飛行機事故により写真に写る全員が亡くなる



マッスル北村

日本屈指のボディービルダー。

死ぬ直前まで彼の筋肉への愛は変わらなかった。




殺人犯の写真


パーティーでのTyler Hadleyという男。

この時すでに自分の両親を殺害していて、

パーティーの間はその死体をベッドルームに置いたままだった。


以上が、死ぬ直前に撮影された写真のご紹介でした。

正直悲惨だなと思いながら拝見していましたが、

冷静に考えると、

我々にも起こりうる死因もあり、

それに気が付いた時は鳥肌が立ちました。


命は一つしかありません。

不本意であっても、

十分に気を付けていれば、

助かる命もあります。

親から授かった命を大切に生きてください。



コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)