【母の愛】「四川大地震」で生き埋めになった親子。母の愛により救われた男の子と子供に宛てた「手紙」に涙

276 views
1: にこる

母の愛の大きさ
天災の中でも1番被害が大きいとされている地震、

規模はそれぞれですが、小さくとも大きくとも

地震により亡くなった命や傷を受けた人や物

その悲しみの大きさは計り知れません。

地震大国とも呼ばれている日本ですが

地震の被害はもちろん世界各地で起こっています。

今回ご紹介するのは、2008年5月12日に中国中西部の四川省で起きた「四川大地震」です。

この地震はマグニチュード7.9〜8.0という大規模な地震でした。

この四川大地震、8月4日時点でその死者6万9207人、

負傷者37万4468人、行方不明者1万8194人にも及びました。

たくさん被害と悲しみを生んだ四川大地震

その一部始終を捉えたある一枚の写真が

ネット上で話題を呼んでいます。

その写真には、1つの物語がありました。



この写真は、四川大地震の時に中国人カメラマンの鄒森(ゾウ・セン)さんが撮影したものです。

写真のタイトルは『母愛・地震』

まさにタイトル通りこの写真には母親の大きな愛が隠されていたのです。



次のページで!

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)