【動画】実験や虐待を繰り返されてきた「実験犬のシロ」彼の壮絶な人生に涙がとまらない

460 views
1: にこる

実験犬のシロ
少し前の日本では、
保健所や動物管理事務所に引き取られた動物は



「殺処分」または「実験用」



に回されていました。
何十年もの間、全国で行われていた「動物実験」

この風習を大きく変えたのが、
1990年の12月に起きた「シロ」を巡る出来事でした。

今回はその「シロ」に起きた悲劇と、
「シロ」が起こした奇跡をご紹介します。

実験用に払い下げられた「シロ」



保険所や動物の収容施設に預けられた犬や猫。

動物たちはガス室に入れられ「殺処分」される道と、
もう1つ「実験用動物」として医療機関に払い下げられる場合がありました。

平成18年に全国で廃止になった「実験用動物」の制度。
しかし平成18年までは日本全国では当たり前のように行われてきた現実です。

「シロ」は飼い主に虐待され続け、
まだ1歳にもなっていない状態で
東京都の動物管理事務所に持ち込まれました。

この事務所では、保護された犬や猫は「殺処分」か「実験用」かに振り分けられます。

シロは虐待されていましたが、
健康であった事、
大人しかった事で「動物実験用」に回される事になりました。

殺処分という道は免れましたが、東京都にある国立病院に1300円で払い下げられます。

そしてここからシロにとって最悪の生活がスタートする事になるのです。


次のページで!

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)