【悲しみ】人間から「60年間虐待」を受け続けた象。ようやく自由を手に入れるも力尽きてしまった悲しいお話

303 views
1: にこる

タイで乗れる象
私達も一度はテレビで見たことがある光景。

タイの観光地の定番といえば「象に乗る事」です。

象に乗り、タイの街を1時間ほど観光できるというもの。



獰猛な動物や、大型の動物には基本的には動物園に行かないと会えないもので、

触れ合うという経験はなかなかする事が出来るものでは有りません。

その為、タイでは非日常な体験が出来るこの象に乗る行為は非常に人気です。



しかし、実はこの観光用に背中に乗せてくれる象達のほとんどは

「大人しくするため、人間にコントロール」されています。

そしてそのコントロールする方法があまりにも酷いのです。

「子どもの象と親の象を無理やり引き離しロープで縛りつけ、人間に逆らわなくなるまで棒やフックなどで打ち続ける」

といったものなのです。

観光の象は人間からの暴力に怯え、象使いのいう事を聞いているだけなのです。 



動物も人間と同じでストレスを感じ、精神的にも体力的にも弱っていきます。

食べ物も十分に与えられず、象使いに虐待される毎日。

そんな飼い殺しとも言える劣悪な環境から動物保護団体の「BLES」は、一頭の像を救いました。

救われた象の名前は「サオノイ」。

この象も約60年間、虐待され続けてきました。

アジア象の平均寿命が80歳程度なのですが、サオノイは60歳。

しかし60歳とは思えないほどに弱っていたのです。


次のページで!

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)