【感動】殉職した警察犬に届いた1通の手紙、差出人は11歳の少女。やがてその影響は社会全体へ!

238 views
1: にこる

警察犬ジェスロ
これからご紹介するのはアメリカ・オハイオ州で起きた実際にあったお話です

警察官「ライアン・デイビス」さんには、3歳になる警察犬の相棒、ジェスロがいました。

ジェスロは厳しい訓練の結果、POLICE K9と呼ばれる警察犬に所属しています。



事件は2016年1月9日に起こりました。

食料品店に強盗が入り、ライアンさんとジェスロは急行しました。

強盗は拳銃を所持、発砲。その結果ジェスロは顔・肩・首に被弾。

犯人を取り押さえたものの、ジェスロは重傷で獣医の元へ運ばれました。

ジェスロへの銃弾は急所こそ外れていたものの、頭部を強打、脳に損傷を受けていました。



警察はSNSを使いでジェスロの危機を発信しました。

このことはメディアでも取り上げられ

「どうか、ジェスロに力を!」という訴えに、世界中からたくさんのエールが届きました。

数多くの声援が送られる中

重体からの回復を願われつつも、ジェスロは死去。

ジェスロの死はメディアでも取り上げられ、最期の見送りにはたくさんの人がかけつけました。

ライアンさんは壇上でこのように語りました。

_____________________

『ジェスロはひたすらに忠実で、無償の愛に溢れていました。

そして、私の大切な相棒であり片腕でした。初めてやってきた時から、

ジェスロは私の家族の一員です。そして私は、

他のどの家族よりもジェスロと一緒に過ごす時間が多かった。この喪失感はあまりにも深いです』

_____________________



世間の悲しみが続く中

警察署には2000通を超えるジェスロを偲ぶ手紙が寄せられました。

その中にライアンさんの心を大きく動かした手紙がありました。



差出人は11歳の少女。

そして、その手紙が社会を大きく動かす事となります・・・


次のページで!

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)