【驚愕】「自らの命を賭して」飼い主を守った2匹の愛犬

522 views
1: にこる
d9744d0ee6080bdc30252afeb1d4c0f1

自らの命を引き換えに
動物、犬の人間に対する愛は本当に凄まじいものがあります。

自分の命の危険を顧みず、飼い主を脅威から救うというお話は

以前にもいくつかご紹介させていただきました。



今回ご紹介するのは

「コブラに襲われそうになっている飼い主を自分の命をかけて守った愛犬のお話」

ここから↓

場所は南アフリカ。

ルイス・グロブラーさんが飼っているのは

ヨークシャテリアのスパイクと、プリンセスの2匹。

ある日、スパイクは自宅の異変に気づきました。

なんと「猛毒のコブラ」が飼い主に近づいてきたのです。

コブラとルイスさんの距離は1mというと事まで迫っていましたが、

ルイスさんは電話中で自分に危機が迫っているなんて全く知らなかったのです。

そこでスパイクはルイスさんを守るため、

コブラに飛びつき、死闘を繰り広げました!

ルイスさんもようやく異変に気づきスパイクを見ると、倒したコブラを口に咥えていたのです。



しかし、スパイクはコブラを倒す事は出来たのですが、自身もコブラに噛まれてしまっていたのです・・・。


次のページで!

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)