【拡散希望】「安易に近づかないで!」犬のリードに黄色いリボンがついている理由

483 views
1: にこる
Bpr83aiIUAEA0hL

イエロードッグプロジェクト
街中で黄色いリボンを付けた犬を見かけたことはありますか?

実はこれ、そっとしておいてほしいワンちゃんのために発足された

”イエロードッグプロジェクト”というものなんです。

「黄色いリボンのメッセージ」をきっかけに、

人と犬との正しい付き合い方を多くの人に知ってもらうことを目標にしています。

■「そっとしておいてほしい」とはどういう意味なの??



ペットの犬のなかには、

病気やケガ・過去のトラウマ・環境の変化からのストレスや治療のためのリハビリなどで

「そっとしてほしい」犬もいます。

その理由は犬によって様々ですが、主に

■健康上の問題

■トレーニング中

■社会復帰のための訓練中

■他の犬が怖かったり

■他の犬に強く反応してしまう


といった理由がほとんどです。

体に障害を抱えていたり、

過去のトラウマで人間を恐れてしまい”人間に慣れる訓練”をしている子、

また、動物を恐れているケースの子もいるので、他のわんちゃんとの距離感も大切です。

あなたが黄色いリボンを付けている犬を見かけたら、どうか安易に近づいたり触れたりしないでください。

また、犬を連れている人は犬同士を近づけないであげてください。

”可愛いな、撫でたいな。”と思ったら、

まずはリードを引いている飼い主さんに一声かけ、

傍に近づいても大丈夫か確認できるといいですね。

一人でも多くの方に理解して頂き、1日でも早い復帰ができることを願っています。

次のページでは黄色いリボンをつけたワンちゃん達の画像をいくつかご紹介しますので、

こういったワンちゃんを見かけたら

「あの子は何か理由があるんだ」

と思っていただければ幸いです。


次のページで!

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)