【感動】末期ガンの母が家族の為にFacebookへ遺した最後のメッセージ

178 views
1: にこる
11834941_10152973807335951_6949467621872684649_o-1

末期ガンとの闘病の末、娘を想う母の最期の決意
米国ウィスコンシン州に住むヘザー・マクマナミー は、乳がんを発症。

その後全身へ転移、2015年11月に末期の状態であることを医師から告げられました。

余命は6週間。

4歳になる娘ブリアーナを遺して逝くことを覚悟したヘザー

この先さまざまな出来事に出会うであろう娘に手紙を遺すことを決めました。



※以下手紙(FB投稿記事)の内容


「さて…いいニュースと悪いニュースがあるの。

悪いニュースは、どうやら私は死んでしまったってこと。

いいニュースは、今これを読んでいるあなたは、ちゃんと生きているってこと(あの世に wifi が無い限りね)。

そう、最悪なニュースね。

言葉も出ない。

でも愛と喜びに溢れた人生を、素晴らしい友人に囲まれて送ることができて本当に良かった。

後悔はゼロ。

精一杯に生きた。

そう正直に言えるのはとても幸福なことだと思う。

みんな愛してる。この素晴らしい人生を、どうもありがとう。

どんな宗教を信じていようが、それがあなたに安らぎを与えてくれるなら私はそれを素晴らしいことだと思う。

でも、私たちが何も信じていないということも尊重して欲しい。

お願い、私は天国へ行ったとブリアナに言わないで。

私が彼女を置いてどこか別の場所に行ってしまったのだと彼女は思ってしまう。

ブリアナと一緒にいるために私は全てを尽くした。

だってブリアナとジェフを置いて行きたい別の場所なんてあるわけないもの。

彼女を一瞬だって混乱させるようなことは、お願いだから言わないで。

私は天国にはいない。

ここにいる。

私に背を向けたあのひどい肉体はもうないけれど、私のエネルギー、愛、笑い、思い出があなたの中にもあるはず。

お願い、私のことを哀れみや悲しみの気持ちと一緒に思い出さないで。

一緒に思いっきり楽しんだ時のことを思い出して、そして笑って欲しい。

私は何よりも人を笑わせるのが好きなの。

人を悲しい気分にさせるのって大っ嫌い。

だからお願い、私の『愛と追憶の日々』的な最期ではなくて、一緒に笑った、楽しかった時間を思い出して欲しいの。

ブリアナにも分かるように教えてあげて。

私がどれだけ彼女を愛して、誇りに思っていたか。

そしてその気持ちはいつまでも変わらないってことも(好きなだけ美化してくれて構わない)。

ブリアナのママであることが私にとっては一番の幸せだから。

これ以上のことなんてない。



彼女と過ごした時間は、全ての瞬間が幸せだった。

彼女が誕生してくるまでは想像できなかったほどの喜びを私は味わった。

私ががんに負けたなんて言わないで。

私はがんに多くのものを奪われたかもしれない。

でも愛、希望、幸せは奪われなかった。

私が生きていたのは「闘い」ではなくて、人生だった。

人生は時として残酷なほどにランダムで不公平だけど、それが人生ってものなんだと思う。

私は負けてなんかいない、ちくしょう。

がんと一緒に何年も生きたことだけでも、かなりの勝利だと思う。

それを覚えていて欲しい。

そして何よりも、親友で最愛の人ジェフと10年以上も過ごせて信じられないくらいラッキーだったと思ってる。

本当の愛と運命の人は存在するのね。

ジェフがいれば、毎日が笑いと愛に溢れていた。

本当に宇宙一の旦那さんだと思っている。

私のクソみたいな闘病生活を通して、多くの人が逃げたしたくなる状況でもジェフは決して揺るがなかった。

想像できないほどひどい日でも、必ず一緒に笑えることを見つけることができた。

命そのものよりも彼のことを愛している。

これほど特別な愛は、きっと永遠に存在し続けるって本気で信じてる。



次のページで!

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)