【家族】引きこもりの息子、母が亡くなってから気づいた母の愛

232 views
にこる
【以下本文】

syukatu01

昔々ある所に一人の駄目人間がいました。

そいつは大学を中退して社会に出るため職を転々と廻ったんだ。
1社…2社…3社…

ちょうど冬の寒さが身に沁みる時期でしょうか、12社目を受けた時です。
「お前を雇う所なんてどこにも無い」と面接官に言われました…

それから彼の引きこもり人生が始まったのです。
当初はちょっとだけ休みを取って疲れた体を癒せればそれで良かった…

両親は笑顔で「疲れたんだろ?少し休んでから頑張りなさい」って言ってくれたんだ。
俺はいつか絶対に両親を幸せにしてやろうと決心した…

でも そんな思いは長くは読かなかった。

150729nabeya-600x400

一度ひきこもりにはまってしまうと怖くて動けなくなってしまう。
自分が天才哲学者にでもなったかのように世界を決め付ける。

そんなこんなで3年もの月日は流れたある日、彼はもうドア越しに話かけられても会話できない程アホ丸出しの引きこもりと化していた。

母親「あなたに会いたいってお友達が来てくれたわよ・・」

震える声で言った。
ドンドン!っとドアを叩いて誰かが叫んでる。

「おーい!俺ぇX本だよ、ちょっと話しないか!」
聞き覚えのある声…それと同時に寒気が彼を襲った。


高校時代彼をイジメていた不良グループの一人だ…
しばらくたってドアを叩く音が止んだ…

スーッとドアの下から手紙が入れられてきた。
ソレを見ながら彼は体育座りのまま眠りについた。

head01

あの事件が起きて4日目
手紙を確認することにした…

「同窓会のお知らせ」

引きこもりの彼にコレはきつかったのでしょう、物凄い勢いで破り捨てました。

ソレと同時に涙と何とも言えない孤独感…
そして怒りがこみ上げてきました…

壁を殴りつけ布団を蹴り上げ彼は叫び読けました。
そこへ彼の母親がやってきました。

母親「どうしたの?!ねぇ、どうしたの??!!」

耳に聞こえてくる母親の声、彼はそれをかき消すように叫び読けた…

引きこもり人生の続きは次のページで。

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)