【衝撃】人類至上最悪と呼ばれた歴史に名を残す15人の独裁者

4,049 views
1: にこる


ワラキア公ヴラド3世



ワラキア公ヴラド3世は、吸血鬼の話に深く関わっています。

かれは、歴史上最も専制主義的な指導者の一人であることで有名です。

ヴラドは有力貴族を招待しては、酒宴を開き、油断した貴族らを皆殺しにしたそうです。

また、治安維持や病気流行の抑止として貧者や病人、ロマを建物に集めて火を放ったりもしたのです。

ヴラドの残酷な喜びのために、多くの人々が死亡したと言われています。

彼は、犠牲者を襲って楽しみ、おそらく彼らの血を浴びていました!



ロバート・ムガベ



いまだ、93歳でご健在。

アフリカ、ジンバブエの独裁者です。

私生活でも大変な独裁者で、国民の700万人が飢餓状態であっても、常に極めて豪華な生活をしているそう!


ロバート・ムガベは、次のページで↓↓

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)