【世界が称賛】「人身売買で震える少女」救ったのは一人の客室乗務員だった

273 views
1: にこる
0498db785d767cfae161cde8af883852

人身売買
人身売買、世界では子供をさらいその子供を金銭で取引するというおぞましい行為がされています。

2011年に起きた現実にあったお話をご紹介します。

アメリカ・アラスカ航空の客室乗務員の女性が

「年配の男と一緒に搭乗した少女が人身売買の被害者である」

という事を見抜き、少女を救出するという世界を震撼させる出来事が来ました。

この人身売買を未然に防いだのは客室乗務員の「シリア・フェドリック」さん。



フェドリックさんは、シアトルからサンフランシスコ行きの便で勤務中でした。

その際、ボロボロの服を着た少女が、身なりの整った年配の男性と一緒にいるのを発見し違和感を覚えたといいます。

フェドリックさんは、当時を振り返り、次のように語っています。
「少女は年齢が14、15歳ぐらいで、地獄を見たような青ざめた表情をしていました。」

フェドリックさんが少女に話しかけようとしますが、

隣の男性が少女に話しをさせないように遮り、会話をする事は一切出来ませんでした。

そしてフェドリックさんはここで機転を利かし、ある行動を起こしました。


次のページで!

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)