【神対応】コンビニで酷いクレーマーに対して「反論した店員の言葉」が胸に刺さる

486 views
1: にこる
1-27

コンビニ店員の素晴らしい対応
クレームと苦情は紙一重。

現代の日本の教育、風習では基本的には「お客様は神様」という考え方が強くあります。

これは間違ってはいない考え方ですが、本来であれば、それは時と場合にもよるものです。

明らかに客が悪い場合はお客様は神様ではなくなるのです。

しかし、そうは言っても経営者としては「何があってもお客様は神様だ」という指導をする人が多いのも事実。

その為、日本にあるどこのお店でも基本は「お客様は神様」という事で、苦情やクレームを受けてもお店側は頭を下げて、客の怒りが静まるのを謝って待つのが当然のようになっています。

そういった経緯もあり、とても残念な事ですが客の方が「俺は客だ、偉いんだ」と勘違いし、お店に対して横柄に振る舞う人が非常に多く居るのが現状です。

クレーマーというやつですね。

正当な明らかにお店側が悪いようなクレーム、苦情であればそれは仕方ありません。

しかし、そうではなく「理不尽な怒り方」や「あまりにも行き過ぎた言動や行動」等を見かける事も多くいます・

一番最低なのは「無理やりクレームをつけて店員が困るのを見て楽しみ優越感に浸り、あわよくば自分が得しよう」と考える、非常に悪質なクレーマーも存在します。

今回ご紹介させていただくのはそういった最悪なクレーマーに引っかかってしまったコンビニ店員さんのエピソードです。

ツイッターユーザーの「akasaka」さんが実際にその現場に居合わせたときの事を語ってくれました。

こちらがそのツイート


続きます。


店員の取った神対応は次のページで♪

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)