【心に響く】「子供がうるさい」という住民からの苦情、それに対して管理人が配布した「意見書」が胸に刺さる

422 views
1: にこる
1-28

管理人が出した意見書
住宅街やマンション等、沢山の人が集まる場所で必ずといっていいほど問題になるのが「子供の声」です。

住宅街でも勿論気になりますが、特に気になるのがマンション。

子供がいる世帯に隣接する世帯であれば、ダイレクトに響きますので結構辛いもの。

しかし、私達大人も幼少期があり、周りに迷惑をかけながら育ってきましたので、仕方のないものですし、子供が泣くのは当然の事です。

そうはわかっていても、毎日毎日うるさくされ、悩んでしまう人が沢山いるのも事実です。

仕方がない、といえば仕方がない事ではありますが、非常に難しい問題です。

そしてこういった問題は日本全国どこでもあります。

そのため、様々なところで対策が行われているようです。

そんな中、とある大型のマンションで管理人に寄せられた苦情のお話を今回はご紹介させていただきます。





ココから↓

マンションの管理人の元に、3世帯から苦情が寄せられていました。

その苦情の内容が

「隣の家からの泣き声がうるさくて夜も眠れないのでなんとかしてほしい。」
「夜中に大きな泣き声が聞こえてきて、こんな所には住めない。」
「子どもの声がうるさすぎる。騒音だ。」


といったもの。

管理人に苦情を言ってくる、また内容を見ても皆さん相当悩まされていたのでしょう。

強めの口調で書かれていることからその苦悩が垣間見れます。

そしてこの苦情に対する行動というものは限られています。

・子供の居る家庭を注意する
・我慢してもらう
・物理的な対策をとる


この3つくらいだと思います。

しかし、「子供の居る家庭を注意」しても相手は子供です、泣くのが仕事ですからどうしようもありません。
「我慢してもらう」だと根本的な解決になりませんし、住人同士でケンカする事になってしまいます。

その為取れる行動は「物理的な対策を取る」ことです。

管理人も悩んだ末、物理的な対策を取る事を決意したのです。

それは防音シートを導入する事・・・。

しかし、管理人はただ導入するだけではありませんでした。

意見書として、今回の経緯、自分の意見をマンション全員に配布したのです。

その内容に大人として、人間として考えさせられます。


管理人の意見書は次のページで♪

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)