【感動】「いつかは愛犬との最後の瞬間が来る」夫婦が愛犬の為に下した決断に涙がとまらない

558 views
1: にこる
200760527ec7805ab48b5f56be1f3cdd-1

世界犬の日
世界犬の日、世界的に犬の日と言われているのは「8月26日」

日本では11月1日が「ワンワンワン」という事で犬の日と言われていますが、世界では違います。

その日、8月26日は世界中で飼い主達が愛犬をSNSに投稿したりしていました。

世界中で愛犬との幸せな写真が投稿される中、とある飼い主さんは愛犬の為に、とある決断をしました。

それは、世界犬の日を愛犬の最期の日と決めたのです。

生きるものにとって避けては通れないのが「死」です。

ExtremeVaginalSprayerさんの愛犬ハンナは、2ヶ月ほど痙攣の発作を起こすようになり症状は悪化する一方でした。

腎臓の薬、肘や腰の痛み止めの薬を飲み、飲まなければ歩く事も出来ない状態だったといいます。

しかしその副作用によりハンナは日に日に弱っていってしまったのです。

「ハンナに薬を飲ませるのも、逆に薬を外すのも残酷だと感じていた」といいます。

肘や臀部への絶え間ない痛み、薬の副作用、飼い主さんはハンナのこの闘病生活から解放させてあげたいと考えたのです。

そして、安楽死という決断をしました。

飼い主さんはこう考えます。

「いくつになったってハンナは私のお姫様だって教えてあげたい。最高の一日を過ごさせてあげたい。」

ハンナと飼い主さんの最高で最期の1日がはじまりました。

ハンナは分かっていたのかもしれない、今日が最期の日だっていう事。


感動の画像は次のページで♪

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)