【障害年金】日本人の80%以上が知らない、「医者」が教える病気の時に受けられる『障害年金』

349 views
1: にこる
1-18

病気の時に受けることが出来る障害年金
小さい病気でも大きい病気でも、病院にかかると多くのお金が必要になります。

小さい病気でも病院の「初診料や薬代」などでなんだかんだと3000~5000円

レントゲンなどを取ったり大きい病院にいくと1万円ほど掛かる事もしばしば。

これが大きい病気になると凄まじい金額が必要になってしまいます。

単発でお金が必要というよりも、入院だったり、長期にわたる通院であったりと、生活の圧迫は目に見えてくるようなもの。

病気をしてしまうと、自分の健康も大事ですが、それ以上に「お金の事」が気になってしまいますよね。

家族に迷惑をかけられないとか、無意識に思ってしまうものです。

実は、そういった疾患を抱える人、またこれから抱える可能性のある全ての人に対してツイッターユーザーでもある医者の「勝俣範之」さんが「障害年金」について呼びかけています。



実際に「障害年金」をもらうに当たっていくつかのルールというか支給されるための審査があります。

そちらもしっかりと説明してくれていますので、是非利用しておきたいところです。

こちらが勝俣範之さんのツイート


さらに受給方法のツイートは続きます。


障害年金の詳細は次のページで♪

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)