【育児の辛さ】夫に「君が家でままごとでしてる」と言われ家出した妻。2日後夫から届いた手紙に涙

302 views
1: にこる
1-23

育児の疲労と夫からの一言で限界に達した妻
育児、結婚して子供を産む事はとても大切なことで、皆が通る道。

夫婦で協力して、自分たちの子供を全身全霊をもって育てます。

そして、育児というのは男性が思っている以上に本当に辛いもの。

世の中の奥さんは「育児に追われ、家事に追われ、旦那の世話に追われ」大変な毎日を送っています。

しかし、世の中の男性はなかなか家事育児が大変という事に気づく事が出来ません。

「家事と育児なんて簡単だろ、仕事の方が辛い」

と、こう思っている人の方が多いのが現実です。

どうしてこう思うのか、それは「自分が経験していないから」これにつきるでしょう。

今回ご紹介させていただくのは海外で取り上げられ話題になった「ある夫婦」のエピソードです。

仕事で疲れて返ってきた夫と、子育てに疲れた妻とのケンカから始まります。

妻が少しでもいいから子育てを手伝って欲しいとお願いするも

「君が家でままごとでしてる間、僕は一日中働いていたんだ」

と酷いことを言われます、それに我慢できなくなった妻が家出し、2日たった後「夫から届いた1通の手紙」そこにはとても大切な事が書かれていたのです。



手紙の内容はココから↓

愛する人へ

2日前、僕らは大げんかをした。8時ごろ仕事からに帰ってきたとき、僕は疲れてて、ただ座ってゆっくりと試合を見たかったんだ。

君も疲れていて機嫌悪かった。泣きわめく赤ん坊を寝かしつけようとしている間、他の2人がけんかを始めていた。

だから僕はテレビのボリュームを上げた。

『ちょっとくらい手伝ってくれたり、育児にもう少し関わってくれたって死にやしないでしょ』君は怒ってこう言って、テレビのボリュームを下げた。

『君が家でままごとでしてる間、僕は一日中働いていたんだ』僕も怒って答えた。

言い争いは続いた。君は怒りと疲労から、ついに泣き始めてしまった。

僕は、君にひどいことをたくさん言った。

すると君は、「もうこれ以上は無理!」そう叫んで、僕と子どもたちを残して泣きながら家を飛び出していった


手紙の内容は次のページで♪

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)