【ありえない】「年金受給者」より「生活保護」を受ける人の方が安定する老後に衝撃

494 views
1: にこる
20130403_seikatsuhogo_20

穴だらけの生活保護
そもそも生活保護って一体どういうものなのか、
「生活保護は、経済的に困窮する国民に対して、国や自治体が、健康で文化的な最低限度の生活を保障する公的扶助制度」

要は
「なんらかの理由で働く事が出来ず(収入が少なすぎたり)最低限の生活が出来ない人の為に、生活を保障する制度」です。

数年前からずっと問題視されているこの生活保護の問題。

それが更に激化の一途をたどっていっています。

以前「ビートたけしのTVタックル」という番組で紹介されていたのですが、

国民年金を40年間支払い続けた人よりも生活保護を受けている人の方が生活に余裕があり安定しているという事実。


自営業者の国民年金 40年納付でも生活保護世帯の平均額以下
自営業者には定年がないという理由から、国民年金は保険料も支給額も低く設計され、仮に40年間納付したとしても、支給額は月6万5000円にしかならない。
夫婦二人で13万円だ。国民年金の場合、満額支給でも、生活保護世帯の平均支給額19万円よりも少ないのである。
※6万ちょっとの年金だけしか収入の道がなく生活が困窮する場合は、生活保護を受けられる可能性がある


このような問題が日本では起こっている状態です。

まじめに若いときから年金を払ってきた人よりも、生活保護を受ける人の方が裕福な現代社会。

生活保護を受けるのが悪い、といっているのではなく、

「真面目な人ほどバカを見る」この状態をどうにかしなければならないと感じます。

しかし、それだけではなく実際に「生活保護を受ける人のモラル」にも問題はあるように感じます。

少し前の話になるのですが「40代の女性が生活保護費を29万円貰っても足りない」と訴えていた女性が話題になりました。

そちらも合わせてご紹介させていただきます。



29万でも足りないといっている話は次のページで!

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)