【怒り】スタバ店員が「障害者」にした「絶対に許されない」行為に憤りを隠せない

1,335 views
1: にこる

スタバ店員の酷すぎる最低行為
イギリスのケント州でIT会社を経営しているリチャード・プロクターさんが、スターバックスを利用した時に起きた出来事。

リチャードさんは「吃音症」という障害を持っていました。

「吃音症」とは
言葉が円滑に話せない疾病、または障害である。「発語時に言葉が連続して発せられる」、「瞬間あるいは一時的に無音状態が続く」などの症状を示す。


不安を感じた時、緊張した時、言葉を上手く発する事が出来なくなってしまうコミュニケーション障害の1つ。

言いたい事が頭ではわかってる、けど実際に話すときにいは言葉が出てこないというもの。

例えば「コーヒー下さい」という一言でも

「コココ、コーヒー、くく、下さい」といった話しかたになってしまう障害です。

この障害を持つ人は意外と多くいます。

そして、悲しい事ですが障害を持っている人に対して、からかいの言葉を投げたり、イジメの対象にする人は後を絶ちません。

そういう人達は相手がどんな気持ちになるか、自分が同じ事をされたらどう思うのか、考えた事はないのでしょうか・・・。





ここからエピソードです↓

イギリスのケント州でIT会社を経営しているリチャード・プロクターさん。

スターバックスを利用した時に吃音症が出てしまいました。

そしてここの店員が心無い酷い対応をしたのです。

そのスターバックスでは、店員がカップに名前やオリジナルメッセージを施すサービスを行っています。

そこでリチャードさんが受け取ったカップには、侮辱としか思えないメッセージが書かれていたのです。


最低な店員の行動は次のページで

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)