【虐待】「それでも僕はパパとママが大好きなんだ」一度も愛される事なく7年の生涯を閉じた少年

1,281 views
1: にこまと

ロシアでの出来事
小さい子供への虐待は世界中で問題視されています。

自身の子供への虐待は世界各国のあらゆる地域で、今この瞬間も起きています。

本来であれば子供は暴力や恐怖とは無縁の生活を送るべきです。

しかし、現実はそうではなく、親が子供を怒鳴りつけ、殴りつけ、理不尽な暴力を振るっているという現実。

暴力を振るう親は言います。
「お金があれば」「子供が悪い」「泣き止まない」「わがまま」だと。

違うのです。子供が求めているのはたった一つです。

それは「両親からの愛」です。

子供達に必要なのは、お金でもなく、オモチャでもなく、

「抱きしめてキスをしてくれて、愛してるよと言ってくれる親の愛」ただこれだけです。

今回ご紹介するのは酷く悲しいお話。

「7歳にもなる少年が、生まれてからずっと愛情を受けることなく、その生涯を終えてしまった」物語。

あまりにも酷く、辛い内容に心が痛みます。



ここから↓

僕の名前はイワン、7歳。お父さんとお母さんが大好きだけど、本当のことを言うと、二人のことが怖いんだ。

お父さんとお母さんは僕を殴るけど、僕は自分がどんな悪いことをしたのかが分からないんだ。

今日も起きて学校に行った。学校での勉強を全部した。

先生とクラスが大好きなんだけど、友達が一人もいないんだ。

休憩時間は教室で一人だった。誰も僕と友達になりたがらないんだ。

他の子と友達になろうとすることにも疲れちゃったよ。

でもクラスメイトは僕を押しやってこう言うんだ。

「来るな!変人!」



僕が毎日同じ服を着ているからって笑い者にするんだ。

僕のボロボロになったジーパン、赤い色あせたTシャツ、擦り切れた靴をね。


イワン君のお話の続きは次のページで

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)