【うるさい!】白杖で点字を叩いた時に言われた一言「点字を叩く意味を知って欲しい」

215 views
1: にこまと

白杖で点字を叩く意味
皆さんは「白杖(はくじょう)」を利用している人を見たことがありますでしょうか?

この「白杖」は視覚障碍の方が使うものです。

一般的な白杖の長さや大きさは「直径2cm程度、長さが1mから1.4m程度」。

街を歩いている時、駅のホームで電車待ちしている時、外出する時、目の不自由な方達は

「白杖で床を叩いて周囲の人に自分の存在を知らせる」為に点字を叩きながら歩行しております。

この歩行方法は「タッチテクニック」と呼ばれており、視覚障害の人は勿論、全ての人に知っておいて欲しい事です。

しかし、この行為の意味を知らないが為に、悲しくも怒りがこみ上げてくる事件が起きました。





ここから本文↓(原文通りの記載になります)

「うるさいよ!」 8月のある日、埼玉県内のJR駅コンコースで、年配の男性が振り向きざま、

白杖で点字ブロックをたたきながら歩く40代くらいの女性を怒鳴りつけた。

女性は体を震わせながら「すみません」と謝り、杖で点字ブロックをなでるようにして歩き出した。


続きは次のページで!

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)