【衝撃】盲導犬の補助器具を外した瞬間、盲導犬が取った行動に考えさせられる

15,402 views
1: にこまと

豹変した盲導犬
盲導犬、目の見えない人や見えにくい人が、行きたい時に行きたい場所へ出かけられるように、

寄り添って生活してくれる大切なパートナー。

盲導犬はその性質上、子供の頃から厳しい訓練を行います。

そして厳しい訓練を合格した犬だけが盲導犬になれるのです。

今回はとあるサイトに投稿された「獣医さん」によるお話をご紹介させていただきます。



ここから↓

毎朝、私が通勤する途中に、見かけていた盲導犬。

交通量の多い交差点で、いつも彼が信号待ちをしている時間、

私は、

  「やっぱり盲導犬は凄いなぁ。素質があるよねぇ。」

と思いながら、ニコニコと、その横を車で通過します。

そして、なんの偶然か、獣医さんの元にいつも見かける盲導犬が診察にやってくるのです。


次のページで♪

コメント

  1. チャーコ 2017/08/05(土) 16:52:44

    とっても素敵な獣医さんとパートナーに出会えて その盲導犬は幸せですね。私は盲導犬のパピーを育てています。私が学生だった頃と 結婚して子育てが落ち着いての今。2つの協会に関わった事になります。協会ごとにちょっとづつ決まりが違います。でも、同じなのは彼ら(犬)は、とっても賢くて 甘えん坊で 人が好きです。協会からは”こういう事はさせないで”と言う注意事項があります。内緒ですが ちょっぴり破っています。協会にもどるまでの1年間しか、彼らは甘えることが出来ないから。もちろん 何でもOKと言う事ではありません。何頭もの犬に関わってきましたが みんな盲導犬になっていきました。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)