【トビトカゲ】天敵から逃げるために空を飛ぶトカゲの飛行映像

233 views
1: にこまと
c99b2f4eb781bbad968c64edde275719a103aac61479760020

トビトカゲ
トビトカゲは身体の左右に広がる皮膜と、首の横にある腹膜を使い空中を滑空することが出来ます。

この滑空により、自身の天敵であったり色々な脅威から逃げたり、エサを探したりする事が出来ます。

トビトカゲはオス同士が木の上で縄張り争いをする事が多いらしく、今回の映像は別のオスから逃げるため、

追い詰められた枝の上から滑空するというもの。


トビトカゲ
滑空する能力もすごいけど、別の木の幹まで正確に飛んで、しっかり着地する能力がすごい。
メスよりもオスの方が大きい種が多い。頸部側面には襞状に皮膚が伸長(副翼)する。
左右に5-7本ずつ肋骨が伸長し、その間に扇状の皮膜(飛膜)がある。喉には三角形に伸長する皮膚(咽喉垂)がある。
鼻孔が上方に開口する種と側面に開口する種(アガマ科では側面に開口する種が多い)がいる。
オスは咽喉垂が発達するが、メスは咽喉垂が発達しない。

森林に生息する。樹上棲。オスは縄張りを形成して生活する。
副翼と飛膜を広げる事により揚力を生じ、樹木の間を滑空する事ができる。
Draco volansの場合で滑空距離は18mにも達する。
食性は動物食で、主にアリを食べる。
繁殖形態は卵生。地中に卵を産む。



1



2



3


動画は次のページで♪

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)