【長編名作】高校の時に先生と二人ぼっちで天文部を楽しんだ話

1,931 views
DSC
1: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 投稿日:2011/09/07(水) 20:31:33.67 ID:kwd/NxG50
立ったらのんびり書く
4: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 投稿日:2011/09/07(水) 20:40:32.41 ID:kwd/NxG50
書きためはないのんびり書く

あれは俺がまだ将来に夢を見ていたピカピカの高校生の時の話

俺は当時本当に馬鹿な子供で、中学では友達すらいなかったのに高校に入ればSOS団みたいな仲間と楽しい日々が送れると夢見ていた

そんな夢見る子供だった俺は新しい日々を過ごすため地元から電車で二時間の学校への進学をすることにした
7: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 投稿日:2011/09/07(水) 20:47:32.00 ID:kwd/NxG50
受験も無事済ませ特に感傷に浸ることもなく中学を卒業したおれは、春休みの間アニメとラノベを参考に輝く高校生活へのイメージトレーニングに勤しんでいた。

春休みは毎日が楽しかった

隣の席に美少女、放課後の教室、楽しい部活、中学時代に友達がいなかった俺の頭に同性との青春を考える能力はなく妄想の多くはまだ見ぬ彼女とのキャッキャウフフを妄想していた

そんな感じで春休みはすぐに終わり、なんか四月になり入学式を迎えた
8: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 投稿日:2011/09/07(水) 20:54:19.54 ID:kwd/NxG50
入学式、片道二時間の通学も苦に感じす俺はワクワクしながら学校に通学した

通学路で見る同じ学校の制服の生徒をみるとさらにワクワクしたのを今でも覚えている

教室にむかうとさらに興奮して少しブヒブヒしてしまった

なぜなら、見渡す限り

女子!女子!女子!

女子のバーゲンセールだったからだ

そう、高校で友達を作る予定がなかった俺は男女比1対9のほぼ女子高に入学したのであった
14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/07(水) 21:21:11.06 ID:HO+yRzPmO
映画化の予感


ついに迎えた入学式、 学内でも女子レベルの高いクラスに当たり喜ぶ>>1
早速、常にポテチを食べていそうな隣の女の子『吉田さん』に話しかけるのだが…
次回、『ぼっちの烙印』は、次のページから

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)