【超大量】UMA(未確認生物)を画像つきで解説していくスレ【後編】

8,605 views
1: 名無しさん@おーぷん 2015/06/26(金)15:37:01 ID:555
ハラデイ

no title
6: 名無しさん@おーぷん 2015/06/26(金)15:44:57 ID:555
UMA本紹介

「幻の動物たち – 未知動物学への招待」
1987年発行、ジャン=ジャック・バルロワ著。
UMA本の手本の1つ。ユーモアを交えた軽妙な文体が親しみやすい。
豊富な目撃例を紹介しつつ、未確認生物たちの実在の可能性を探る。

no title
8: 名無しさん@おーぷん 2015/06/26(金)15:50:36 ID:555
UMA本紹介

「秘密の動物誌(Fauna Secreta)」
1991年発行、ジョアン・フォンクベルタ/ペレ・フォルミゲーラ著。監修は荒俣宏。
この本に掲載されている動物たちは、全て創作されたUMAである。
しかし本文・写真・データ・状況設定などが非常にリアルであり、芸術性の高い作品。数々の奇妙な生物を紹介している。

no title
10: 名無しさん@おーぷん 2015/06/26(金)15:59:18 ID:555
UMA本紹介

「謎の未確認動物UMA – 既存のUMAに対する概念が変わる科学的解説」
2007年発行、佐久間誠著。
未確認生物に対し、その実在の可能性や、噂が広まった理由などを科学的な目線を交えて考察。
理学部生物科卒の作者が執筆しているので生態的描写の解説が分かりやすく、UMAについて深く知る事が出来る。
このスレの参考書的存在。

no title
11: 名無しさん@おーぷん 2015/06/26(金)16:15:55 ID:555
UMAの誤認の理由として、人間の視覚・記憶力の脆さが挙げられる。
事件の捜査などでは証言の80%が信頼に値しないという話もある。
MITは、脳は記憶したいものを分別し、頭にしまうが、それを取り出す時に元通りにパズルを構築出来るかは不明である、としている。
また、人間の脳は空白を嫌うが故に「見てもいない記憶」を造りあげてしまうという事実があるといわれる。

動物にも誤認につながる特徴があり、そのほとんどは重度の病気を患った個体である。
下の動画は毛が抜け落ちたクマだと言われているが、それを知らなかった場合は何か別の生き物に見えてしまう事もあるだろう。

no title

https://www.youtube.com/watch?v=Ml9gaFKQnYE




好きな人は好き♪
好奇心を刺激するUMAの個別解説は次のページから♪

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)