スポンサードリンク

【映画化決定】非日常を味わう為に単独エジプトへ乗り込み殺されかけたバカの冒険譚(※画像有)

wpid-eMSFp1H

1: 1◆jHsnWuH7MU 2015/06/17(水)21:27:26 ID:dx5
書き溜めてないのですごく更新遅いです。
ラクダと一緒に旅がしたくて、エジプトに2ヶ月ほど行ってきたので写真でもあげながらその時の話をします。
質問があればそのつど答えます。

no title
12: 名無しさん@おーぷん 2015/06/17(水)23:53:27 ID:0jD
>>1
女性の裸の写真に見えたわwww
14: 1◆jHsnWuH7MU 2015/06/17(水)23:57:37 ID:dx5
>>12
いやさすがにそれはないw
14: 1◆jHsnWuH7MU 2015/06/17(水)23:57:37 ID:dx5
で、ラクダを見て当たり前なことに今さら気づいた

これ、ベドウィン用のラクダじゃん…

実はヒトコブラクダは細かく分けると2種類いる
食用、荷役用のラクダと、ベドウィン用のラクダだ
食用、荷役用のラクダは原産地がソマリアで、そこからスーダン、エジプトまでキャラバンを組んで歩き、食用、荷役用としてラクダ市場に出される
よってこの種類のラクダは既に苛酷な環境を歩いてきた、ラクダに詳しくない商人に飼育された、等の理由で弱って痩せているものがほとんどだ

これに対してベドウィン用のラクダは、その土地で暮らすラクダに詳しいベドウィン一族が代々大切に育て、繁殖してきたものであり、食用のラクダよりはるかに強く、健康な個体が多い

これまでの歴史上、砂漠を歩くことに情熱を注いだ偉大な冒険家たちはおれが知る限りでは皆食肉用のラクダを買い、旅をしてきた
理由は簡単で、食用のラクダはベドウィンのラクダより安く、また、ベドウィンのラクダと違って鼻に綱が通してあり、それを引っ張るだけでラクダのことをよく知らない人でも調教できるようになっているからだ

写真は食用のラクダ
64: (#´Д`)ペッ◆9GsWtWBAHo 2015/06/20(土)15:40:46 ID:4JJ
文が読みやすくていい

こうゆうチャレンジする人最近少なくなったよね
>>1はスゴいと思う
65: 1◆jHsnWuH7MU 2015/06/20(土)15:43:47 ID:E7O
>>64
ありがとう
理系だから読みにくかったらどうしようって思いながら書き込んでたけど、読みやすかったならよかった!!

最近は飛行機代が安くなって、ツアーとかも増えたからどこでも簡単に行けるようになったしね


なんだか楽しそう♪
しかし>>1さん、出会いあり別れありの道中で現地の人に殺されかけてしまいます。
その理由とは…?

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新記事をお届けします

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • シェアボタン
  • Tweetボタン 
  • はて部ボタン