人類の進化の痕跡!親指と小指をくっつけた時に浮かび上がった腱が持つ特別な意味・・・

243 views
1: にこまと
キャプチャ

体に残る「退化器官」
現代の人類、正式名称ホモサピエンスは、約20万年前に登場したと言われています。

そこから現在の私たちの姿になるには、長い時間をかけ、さまざまな進化を繰り返してきました。

例えば体毛や一部の骨の形など、

この進化を証明する痕跡が私たちの身体に「退化器官」として残されています。

今回はそんな「退化器官」の例を紹介して行こうと思います。

気になる方はぜひ続きをご覧ください!


続きは:次のページで♪

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)