【なぜ?】 「ホームレスにお金をあげないで」英ホームレス支援団体が訴える理由に考えさせられる

138 views
1: にこまと
cached (13)

増え続けるホームレスの数と、その実態
今年もホームレスの数は増加傾向にあるイギリス。

ところが、街でホームレスに「change, please」(小銭ください)とお願いされても渡さないで、とホームレス支援団体は訴えています。

「お金を渡すことは彼らを殺すことと同じです」
cached (14)

ホームレス支援団体「Thames Reach」の代表者であるマイク・ニコラス氏によると、路上にいるbeggers(ベッガーズ:施しを受ける人々)たちは、生活や住むところを探す為にお金を欲しがっているのではなく、80%がヘロインやコカインなどのドラッグに費やすためにお金を欲しがっているのだと言います。

cached (15)

路上のホームレスにお金をあげてしまうと、結局はそれでドラッグを買うという繰り返しの毎日。私たちが親切心で渡したお金はディーラー(麻薬密売人)の懐に入りホームレスは健康を害し、万が一過剰摂取した場合は死の危険にも晒されることになると訴えます。

cached (16)

筆者の住む街にも多くのホームレスが路上生活をしています。そして施しを受けるために紙コップを持って道行く人に次から次へと声をかけたり、バス停で待っている人に施しをお願いしているホームレスの姿もよく見かけます。

シェルターと呼ばれるホームレスが宿泊できる施設に行き来できるホームレスはまだマシな方でしょう。住む場所もないホームレスたちには「施しを受けてドラッグを買う」という危険なライフスタイル以外はないのが現状だとニコラス氏はコメント。

cached (17)

ほんの少しのお金を得れば、そのお金でアルコールを買うホームレスもいます。アルコールを売っているあるお店の前では、いつもホームレスのような人たちが集まってビールを飲んでいます。住む場所もないホームレスに、なぜアルコールを買うお金があるのかというと、路上で施しを受けているからなのです。



続きは:次のページで♪

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)