スポンサードリンク

【画像】不動産業界は嘘だらけ!? “おとり物件”を暴くブログが管理会社とアパマンを直撃!

1: 名無しのお客様
sssp://img.2ch.sc/ico/anime_kuma01.gif
2月26日に放送された『ワールドビジネスサテライト(テレビ東京系)』で“おとり物件”の特集が組まれた。
おとり物件は不動産情報サイトでは空き部屋として掲載されているが、実際に不動産屋に内見希望として行くと
「先ほど決まった」「契約が決まった」と言われてしまう。
いわゆる客を店舗まで呼び寄せる手段。わざわざ出向いた客はそのまま帰るわけにも行かず、
その場で希望では無かった物件を見る羽目になる。

■“おとり物件”を暴く管理会社
こうした“おとり物件”を暴いたのがラインズマンの門傳(もんでん)義文氏。ラインズマンは大家から管理を任されている物件は
1月中旬に申込みが入り28日には入居しているのだが、物件サイトには「募集中」として掲載されている。
当然、管理会社のラインズマンに無断で掲載。掲載していたのはアパマンショップ(株式会社ネクサス・ジャパン)の高田馬場店。
こうした“おとり物件”は宅建業法や景品表示法に違反する違法行為。

ラインズマンの門傳氏は、アパマンショップ側がいつまでも訂正しないため、2月14日にブログで告発。
その記事のタイトルは「アパマンショップにおとり物件として使われたので、おとり調査をしてみた。」である。
企業名を伏せずに告発。
ブログには「今回のケースはかなり悪質だったので、申し訳ありませんが社名を出させていただきます」としている。

今回のおとり調査は田中(仮名)が行う。既に契約済みの物件をアパマンショップに問い合わせてみたところ
アパマンショップから次のような返事がきた。

“【アパマンショップ高田馬場店】のAと申します。
お問い合わせ頂きましたお部屋ですが現在も空室で、ご紹介可能です! ”

まさかの「空室」で紹介可能だという。まさに“おとり物件”である。
アパマンショップは一度、管理会社に電話で空き状況を確認している。当然「募集終了」と返事が返ってきており、
アパマンショップは空きが無いことを認識している。その上で内見が可能な旨の返事を客にしている。

つづく>>2
http://gogotsu.com/archives/16362
no title

no title

no title
2: 名無しのお客様
sssp://img.2ch.sc/ico/anime_kuma01.gif
■事実確認
ラインズマンの門傳氏はアパマンショップの担当者に“おとり物件”をやっていたのかと訪ねると「結果そうなった」と認めた。
門傳氏は「ほかの物件でもやってますよね」と問い詰めると「他の物件ももしかしたら……」としている。

■番組スタッフが調査
“おとり物件”がどこまで広がっているのかを調べるためにワールドビジネスサテライトのスタッフが、
既に募集を終えている物件を問い合わせると14社の内10社が「案内が可能」と言う返事が返ってきた。
実際に店舗に行くと「朝内見があった」としてその場で物件確認の電話をかけだし「申込みが入ったみたいです」と客に伝えた。
一体どこに電話をかけたのだろうか。こうして“おとり物件”を来店させ他の物件を案内するのである。


■おとり物件を調べる方法
番組では“おとり物件”を調べるサイトを紹介。部屋のURLを入力するだけで空き状況を確認出来るといういもの。
現在は東京、神奈川、千葉、埼玉限定となっている。

“おとり物件”は別名「釣り物件」で多くの不動産屋がやっているという。違法ながらも良い物件は“おとり物件”として
使われるようだ。

(動画あり)
http://gogotsu.com/archives/16362
no title
3: 名無しのお客様
名前とか最初に書かせるのはマジ気分が悪い
237: 名無しのお客様
>>3
そういうとこはすぐ出ろ
書く必要性がない
355: 名無しのお客様
>>3
冷やかしかどうかの見極めになるんだよ

引用元


スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新記事をお届けします

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • シェアボタン
  • Tweetボタン 
  • はて部ボタン