スタバが念願のイタリア進出も…イタリア人は否定的 イタリア流コーヒーの作法から相容れぬとの声も

193 views
03112927

1: 名無しのお客様
スターバックスが、エスプレッソ文化を誇るイタリアに進出し、
ミラノに1号店をオープンする。しかし現地では「文化的侵略」ととらえる否定的なツイートが多く、
「世も末」と嘆く声もある。
O
米国流のコーヒーの飲み方は以下の通りだ。店に入ってラテ(シナモンやミント風味のシロップが
振りかけられていることが多い)を注文し、好きな席を選んでのんびりし、
ちびちび飲んで贅沢なひとときを過ごす。座り心地のいいソファに座ってWi-Fiを楽しんだりもする。
ノートPCを片手に2時間仕事をしようとすることもある。

イタリア流のコーヒーの飲み方は違う。
エスプレッソバーに立ち、最新の出来事やスポーツについて5分ほどおしゃべりし、その場で飲み干す。
それから、外に出る。店でのんびり過ごしたり、急ぎ足で職場に向かいながら飲んだりすることはない。


両国の文化にはこのような大きな違いがあるが、スターバックスの最高経営責任者(CEO)ハワード・シュルツは、
自身が創設した世界的に有名なコーヒーチェーンのアイデアは、
33年前にイタリアを旅したときの経験から得たと述べている。
そして同社は2017年にイタリアに進出し、ミラノに1号店をオープンする予定だと発表した。

あるイタリア人は、海外でスターバックスのコーヒーを飲むのは大好きだが、
イタリアでは「エスプレッソバーのほうがいい」と述べている。

忍び寄る文化的侵略に対して、もっとあからさまに否定的な見方をするイタリア人もいる。
用心したほうがいい、スターバックスの進出はイタリアを滅ぼす恐れがある、
とあるTwitterユーザーは呟いている。

別のイタリア人は、マクドナルドという「ゾッとする存在」を避けているのと同じように、
スターバックスを避けるつもりだと述べている。

誇張しがちなある消費者は、スターバックスのイタリア進出は、
米国風ピザというひどい食べ物と並んで「世界の終末」の兆しだと主張している。

http://www.sankei.com/wired/news/160302/wir1603020001-n1.html
http://wired.jp/2016/03/02/italians-compare-starbucks-apocalypse/
2: 名無しのお客様
今までなかったのかよ
イタリア人はどこでMacBookドヤってたんだよ

引用元

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)